余命について語ることの難しさ

世の中には、いわゆる「余命宣告」というものをうけたけれどもそれよりもはるかに長くご存命であった方が数多くいらっしゃいます。

その仕組みは簡単で、医師は想定している余命よりも短めに「宣告」するからです。

良心的な世の中の医師は、好き好んで「宣告」するわけではなく、患者さん本人から半ば問い詰められるようなかたちでそれを告げることが多いわけで、あまり病気を楽観視されては困るので控えめな期間を口にする傾向にあります。

また、良心的でない一部の医師は、かなり短めに宣告して、自分の腕で長生きさせたのだといわんばかりの態度をとる方もいると聞きます。

どちらのメカニズムによってもいわゆる余命宣告というものは短めになされるものだと認識してよいと思われます。

当サイトの余命計算アルゴリズムに医師の感情は介在していませんので、どちらかというと直球勝負の数値が出てしまいます。あくまでデータはデータですのであまり気にしすぎないようお願いいたします。

Witten by Nanase.

コメント