健康余命予報(簡易版) 健康寿命などあなたのデータから推算

厚生労働省発表データによる平均余命と健康寿命のデータと、これらに影響を与える要因についての研究のデータから、あなたに残された時間と健康で過ごせる時間を推測します。それはつまり、健康を損ねて病気とお付き合いしながら生きていくことになったり、もしかすると「寝たきり」になったりして過ごすことになるかもしれない時間を推測ことにもつながります。

あくまで「予報」ですので、今後の生活習慣の改善などで結果が変わる可能性は十分にあります。
また、大きな病気をした方、現在患っている方にはあてはまらない事もあります。

詳しく知りたい方は、健康余命予報(詳細版)へお願いします。

健康寿命予報をはじめる

設問1

  • あなたの年齢を教えて下さい

  • 性別を教えて下さい

  • あなたのお住まいの都道府県を教えて下さい

設問2

  • タバコについておたずねします

  • アルコールについて

設問3

  • 3食、規則正しく食事をとっていますか?

  • 睡眠は毎日同じようなリズムでとれていますか?

  • 5年以内に骨折したことがありますか?

設問4

  • 肥満の程度

  • 自分は生きがいをもって健康にくらしていると思いますか?

設問5

  • これまでに以下の病気にかかったことがありますか?もしくはかかって治癒していますか?

  • 「かかっている」又は「治癒した」をご選択された方は、病名をご選択ください。(複数選択可)

次のページにお示しする結果はあくまで少数の項目に基づいた予測の数値です。

実生活と健康はこれからの生活習慣や疾病によって大きく変動します。

ご理解いただけましたら次にお進みください。

  • あなたのおよその残された時間(平均余命)は年です。
  • そのうち健康に過ごせる時間(平均寿命の残時間)は年です。
  • 健康を損なって寝たきりなどの問題が生じる可能性のある期間は年です。

ショックを受けた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これはあくまで「予報」ですので、今後の生活習慣の改善などで結果が変わる可能性は十分にあります。
また、大きな病気をした方、現在患っている方にはあてはまらない事もあります。

では、どのようにして平均余命、健康余命を延ばし、かつ2つのギャップをなくしていけばよいでしょうか。まずは情報を下に記したようなサイトやサービスで得て、そこから見直せる生活習慣を考えていくのが筋道ではないでしょうか。

1)以下の公的なサイトで更に詳細なデータを得て生活習慣の見直しを図る

2)遺伝子診断によって自分が罹患しやすい疾病を知る

日本でもいくつかの有料サービスが遺伝情報の解析を始めています。倫理的な問題や心理的な影響も否定できないので、ご利用の際は慎重に検討してください。

           

3)健康余命予報(詳細版:トップページの最下段にあります)で更に生活習慣等を詳細に検討して見直すべき習慣を洗い出す(運営サイドがメールで健康アドバイスを致します:有料)